-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク


脂肪吸引実施におけるリスクと合併症

脂肪吸引実施の安全性や有効性は高く評価されていますが、手術である以上は100%安全とゆうことは保障されません。あらゆる手術に共通するリスクや脂肪吸引特有のリスクや合併症があり、それらを知った上で脂肪吸引術を選択する必要があるでしょう。

--------------------------------------------------------------------
手術に共通するリスク

■ 麻酔のリスク
美容整形外科手術で最も多い事故は麻酔に伴うものだと言われています。脂肪吸引では、全身麻酔もしくは局所麻酔が必要となるため、当然リスクも発生するでしょう。

■ 感染のリスク
美容整形術中、術後に細菌による感染を引き起こす可能性があります。感染を放置しておくと生死に関わることもありますので、抗生物質投与など適切な処置が大切です。

■ 脂肪塞栓、脂肪血栓
脂肪や血液の塊が血管に入り、細い血管を詰まらせることがあります。血管が詰まった部分の臓器機能障害をもたらす可能性があり、もし異常を感じたら直ちに適切な処置を行わなければならないでしょう。

■ 知覚異常
美容整形術時の神経損傷によって手術箇所の知覚障害が起こる可能性があります。多くは軽症のようですが、長期にわたって症状が改善しないこともあるようです。

--------------------------------------------------------------------
脂肪吸引術に伴う特有のリスク

■ 吸引ムラまたは、吸引のし過ぎによる陥没
脂肪吸引にムラがあると凹凸が出来てしまうことがあります。また、一部だけを吸引しすぎるとその部分だけが凹んでしまうというようなケースもあります。必要な場合は修正手術を行うことで解決することが多いです。

■ 皮膚の弛み(たるみ)
皮膚の弛みは、脂肪吸引術で最も注意すべき問題でしょう。吸引量が多すぎて弛みやシワが目立った場合には、余っている皮膚を除去する除去手術が必要になることがあります。

脂肪吸引法「INFORMATION」へ戻る

スポンサードリンク
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。