-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

▼ 脂肪吸引の対象

【対象部位】 
脂肪吸引の対象部位としては、胸の上、腕のつけね、二の腕、背中、脇腹、脇腹背面、へその上、へその下、尻、尻の下、太腿のつけね内側、太腿のつけね外側、太腿、ひざの内側、ひざの上など、さまざまな部位の吸引が可能であり、脂肪の付きやすい場所の殆どが対象となります。
やはり、腹部や大腿部を希望するケースが多いようです。

【対象年齢】
殆どの年代で治療が可能であるが、未成年や中年以降では治療を避けた方が良い場合もございます。手術のリスクを認識できること、成果が期待できるケースであることが大切でしょう。

脂肪吸引の目的 
脂肪吸引術は外科手術である以上、必ずリスクが発生します。どんなに熟練したドクターであってもリスクの無い手術というものはあり得ません。だからこそ、脂肪吸引術の本来の目的を理解し、手術を行うかどうかはご自身で慎重に考えるべきでしょう
もし、体重を減らしたいというだけの目的で治療を受けるのであれば、期待外れに終わる可能性が高いです。脂肪吸引で除去できる脂肪の量には限度があり、高度な肥満を解消するような減量は不可能です。10,000mlを越えるような大量脂肪吸引に取り組む医師もいるようでうが、通常は4,000ml以下程度が実状のようです。
また、デコボコ肌の原因である脂肪の塊である「セルライト」を除去する目的にも適していないといわれでいます。逆により一層凹凸のある肌になる可能性があります。(個人の体質や術式、術者の習熟度によると考えられる)

脂肪吸引法「INFORMATION」へ戻る

スポンサードリンク
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。