-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク


▼ 脂肪吸引を実施する際の適応と注意点
脂肪吸引術を行おうと思っている方は、以下のような項目を検討する必要があります。

■皮下脂肪の量
手術希望箇所の皮下脂肪が少なければ適応にはなりません。逆に多いからといって、そのぶんいくらでも吸引できるというものではありません。

■皮膚の弾力性
皮膚の弾力性が低い人の場合(年齢が高い人に多い)、脂肪吸引量が多いと皮膚がたるんで逆に外見を損なってしまう可能性がありませす。たるみが顕著な症例では、皮膚切除手術が必要になることがございます。

■健康状態や過去の病歴
脂肪吸引術は決して体の負担が少ない治療ではありません。手術術中または術後の出血や、細菌感染症などに対して細心の注意が必要であり、以前の手術歴や服用中の薬、糖尿病、高血圧といった疾患の有無について正確に医師に伝えることが大切です。
特に、貧血の有無は脂肪吸引の実施を決める上でとても重要となります。


■麻酔の方法
脂肪吸引術は一般的に全身麻酔下で行われますが、小範囲であったり日帰りで治療を行う場合に局所麻酔、鎮痛剤を併用し治療が行われます。
手術中の緊張や不安を無くすための鎮静麻酔も効果的です。

■手術の方法
手術の方法としては、まず脂肪を吸引する部位に数ミリの小さな切れ目を作り、そこからカニューラと呼ばれる細いストローのようなものを挿入します。
そこから、吸引機を使用して脂肪を吸い出していきます。超音波脂肪吸引法や浅層脂肪吸引(Superficial liposuction)といった術式が利用されるようになったが、チューメセント法(tumescent)をベースとして行われるものです。
同時に数箇所の手術が可能であり、手術に要する時間としては1時間以上、手術箇所が多ければ数時間が必要となります。

■術後の生活
脂肪吸引の術後数日間は腫れや内出血が強く、徐々に軽減していきますが2週間程度は続くと思っていて下さい。完全に腫れがなくなるのは2~3ヶ月を要するとも言われます。
腫れを最小限にするために圧迫をかける特殊な衣類(ガーメント)を身につけます。術直後は包帯やタオルでより強い圧迫をかけることもございます。通常、1ヶ月以上の装着が必要となります。
職場復帰など、日常生活には1週間程度で復帰が可能ではありますが、手術の規模や術後の経過によっては慎重になるべきであり、事前に医師の指示を仰ぐようにしましょう。

脂肪吸引法「INFORMATION」へ戻る

スポンサードリンク
秘密

トラックバック URL
→http://biyouseikeikuchikomi.blog.fc2.com/tb.php/5-fcd3512c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。