-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク


▼ 美容整形をお考えの皆様 
当サイトは、これから美容整形をお考えの皆様にその方法や金額、また注意点などを分かりやすく説明し、美容整形をする際のお役立てるように美容整形の情報を掲載しています。
是非、美容整形実施の前には一度よく読んでいただき、美容整形とはどのようなものかご理解ください。

美容整形の位置付け 
病気を治す事が医療の目的であるとするのならば、美容整形を実施しようと思っている方は、機能的には何の問題もない健康の人達なのですから、医療行為には入らなくなります。
ですから、美容整形の治療のほとんどは健康保険が使えません(自費請求)。
しかし、美容整形は形成外科、美容外科、歯科、耳鼻科、婦人科、皮膚科、外科の専門医による総合医療といえるでしょう。ですから、形成外科の範囲ならばほとんどが健康保険の適用になります。

美容外科と形成外科の違い 
美容外科を「美容整形」と言う事が多いせいか、形成外科と整形外科との違いを理解出来てない人が大変多い様です。
この3つの診療科が混同する事がない様に整理しておきましょう。
整形外科とは、骨・関節・筋肉・神経など体を動かすために必要な運動器官の病気やケガ、先天性疾患を治療する外科医学の分野です。
形成外科とは、四肢・顔・頭・体の表面を対象に、機能的に異常を伴う形態異常がある時に、これを外見上綺麗に整える事を目的とした医学で、再建外科とも呼ばれ、病気怪我で欠損した組織を作り直したり、傷跡・手術跡などを改善したりします。機能的に異常を伴う事が前提なので、ほとんどの場合は健康保険の適用になります。
美容外科とは、機能的には何ら問題がなくても、それが精神的負担をもたらすものならば、美的に形成して精神的負担を取り去る事を目的とした医学の分野です。

美容整形は医療行為 
容姿にコンプレックスを持っている人は消極的になり、そのために自分の持っている能力を十分に発揮出来ないままに心を歪ませてしまっていた場合があります。それは列記とした治療の対象になり、病気になって体が歪むだけが治療の対象になる訳ではなく、美容整形はアクティブな人生を勝ち取るための立派な医療行為といえます。こうした主張を持つ医師達によって始まった総合医療としての美容外科は、内科、外科などとともに、法律でも医療行為として認められています。

スポンサードリンク
秘密

トラックバック URL
→http://biyouseikeikuchikomi.blog.fc2.com/tb.php/6-288f32b8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。