-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

▼ 超音波脂肪吸引法

超音波脂肪吸引法は、超音波による作用によって脂肪細胞の破壊や細胞間の結合を緩めることで効率の良い吸引を目的として利用されています。従来のチューメセント法を基本として、体内式と体外式の2種類の方法があり、それぞれに長所と短所があります。全ての脂肪吸引で超音波を利用した方が良い結果が得られるというものではなく、必要に応じて利用することが大切である。

体内式超音波脂肪吸引
体内式のものは、外側にテフロンのカバーが付いたカニューラを使用し、それ自体が超音波を発生し、吸引しながら脂肪組織を同時に破壊していく。

《長所として》
① 術中・術後の出血が少ない。
② 術中・術後の痛み、腫れが少ない。
③ 吸引のムラが発生しにくい。

《短所として》
① カニューラの直径が太くなる。
② 手術時間が長くなる。
③ 吸引した脂肪を注入に再利用できない。
--------------------------------------------------------------------
体外式超音波脂肪吸引
体外式は、チューメセント法に従って溶液を注入後に超音波発生器を局部に当て、脂肪細胞が分離され注入箇所が柔らかくなった後に、従来の方法で脂肪吸引を行うものである。

《長所として》
① 患者の不快感が少ない。
② 術中・術後の痛み、腫れが少ない。
③ 吸引のムラが発生しにくい。
④ 吸引した脂肪を注入用に再利用できる。

《短所として》
① 表皮に熱傷を起こす可能性がある。

脂肪吸引法「INFORMATION」へ戻る

スポンサードリンク
秘密

トラックバック URL
→http://biyouseikeikuchikomi.blog.fc2.com/tb.php/9-80a7fcfb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。